2020年08月06日

ご飯を鍋で炊く、鍋炊飯の勧め

鍋炊飯、ダッチオーブンの勧め



目次




 【お米をちゃんと炊こうよ】

 「炊飯」という言葉は、 「お米を炊く」という意味の言葉です。

 「炊飯」というのは、ただお米を茹でるわけでも、蒸すというだけでもありません。
 「乾燥させたものを戻す」というものとも違います。
 お米を茹でて、ふかし、蒸し、蒸らすという、一連のことを総合的にする調理のこと、我が国の独特のお米の調理の方法です。

 意外と特殊な調理方法に入るかも知れません。
 中国でもインドネシアでも、お米はふかしたり蒸らすことの方が多いです。




 私は昔から、炊飯器の全自動の電気ジャーというもの、あの安直さが妙に嫌いでした。


 もともと、独身時代は何でも独りでできて当たり前と思っていました。
 だから色んなことに挑戦した。
 私の女子力は高かったww。

 しかし独身アパートの貧相なコンロなのに、わざわざ電子ジャーを持ちたくないというのはどうしても譲れませんでした。
 それからそのまま、電気釜をずっと忌み嫌い続け、長い間、万能のホーローの鍋で炊いていたのでした。

UNILLOY

 もともとあまり米は食べなかったのですが、それでも米はうまく炊けていた方でしょう。
 炊き立てのご飯に納豆と冷奴、親子丼やレトルトのカレー、それなりに美味しく食べていました。

 貧乏独身暮らしといえども、刺身なんかが手に入ればやはり美味しい炊き立てのご飯が欲しくなりますw。
 そうやって楽しくご飯を鍋で炊いたものです。


 上手く炊けるようになると、自分でご飯を炊くというのが自然と面白くなります。
 そうして私はだんだんと炊飯が好きになり、料理をするようになっていったのでした。

 炊飯というのは火を使います。
 独り身の若い頃、狭いアパートのしつらえのコンロでご飯が炊けるのを見ていると、その感覚はまるでキャンプや焚き火のようなものでした。

 人間は古代からとても火と仲良くしてきたのだ、そんな風にも思えます。


 もちろん、炊飯で失敗したこともたくさんありました。
 コゲつきやコビリつき、水を多くしてお粥みたいな状態になったり。

 そんな失敗もまた楽しく、「ご飯を自分で炊く」というのはとても有意義なことになっていったのです。


料理をもっと美味しくするドイツ製フライパン ruhru

【こだわる。安易な便利さを避ける】

 そうして長年、鍋で米を炊いていると、微妙な炊き上がりの時のムラとかオコゲとか、炊き上がりの違いにも敏感になってゆきました。
 炊飯の奥深さも分かるようになってゆきます。

 炊飯を工夫し、水加減や火加減を追求するようになってゆきました。
 一度火を止めてみたり、水を追加してみたり。

 おこげや、いわゆるご飯を炊くとできる「カニの穴」など、様々な自分なりのこだわりが出来ました。

続きを読む
posted by 買い猿 at 21:00| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする