2021年05月01日

電池交換の定石

 少し古い電子体温計があって、長年、使ってきました。


 舌下型の体温計で、精度がいいと感じていました。




 どうやら電池がなくなったのか電源が入らなくなって使えなくなり、交換の必要を感じながらも放置してきました。


 予備の体温計もあったのです。


 思い出して補充することにしました。

 コロナのこともありますw。


フロアーズ本店



 ボタン電池のサイズを確認しようとしたのですが、本体のどこにも型番が書いてありません。


 ボタン電池は型番があります。大きさが違えば動きません。



 どのタイプを入れたらいいのか。


 ネットで調べても出てきません。


 もう数十年も前の製品ですから。さすがにサポート外ということです。




 なんとかとっておいたボタン電池が合う感じなのですが、これも放電してしまって使えないようです。


 本体の電源が入りません。


 やはり買わないといけないようです。





で?


 素直に電池を買いに行きますか? 100均などを探しますか?



 そこで昔ながらのこと、日本の商習慣を改めて思い出します。




 今はすっかりネットで買うということが主流の世の中ですが、昭和の頃からの昔のやり方がありました。


 こういう時は街の電器屋さんがいいのです。



 ヤ×ダ電器でもいいのです。量販店でもいい。


 とにかくお店に本体を持って電池を買いに行きます。



 そして聞く。


「これに合う電池ありますか?」と。




 電器屋さんはレジの引き出し、机から適当な電池を出して入れてくれます。


 たいてい彼らは予備をひと揃い持っています。

 お店の人に試してもらえばいいのです。

 確認できたら購入しましょうということです。







 うん、これならピッタリだ。 店員さんが電池を探してくれて言うでしょう。


 そうして、電源を入れてくれます。


 あれ? 動きません。


 本体が電池の放電どころかとっくに壊れていたというわけです。




 そこで礼を言って、そのまま買わずに済みます。


 お店で買い換えるかどうか、それはちょっとまた考える。


 と、いうわけ(笑)。



小田急ポイントカード



 こんなことは電気屋さんに出かけてやってもらわないとできないことです。


 電池を自分で買って、入れてみて確認したら壊れていた、でもそんなパッケージを開けた電池なんて返品もできません。




 こういうことは普通のこと。


 別にズルいことでもありません。


 最近はネット通販ばかりで、昔ながらのサービスというのがすっかり忘れられているかも知れません。






 時計にしても同じことです。時計屋さんで電池を交換した方がいいのです。



 長く使ってない時計なら壊れてしまっている可能性だってあります。


 そういう時はまず、「動くか分からないのですが」と断って交換をお願いしてみればいいのです。



 お店というのは、動かないものに電池代を払わせたりはしないものです。



 ネットなどでは決してできないことです。


小田急ポイントカード


 お互いに損をしない、こういう昔ながらのお店の習慣というのは、ネット通販のわずかばかりの値段の安さを気にしていると見過ごしてしまうものです。



 賢く使って賢く買う。

 なかなか智恵も必要です。



posted by 買い猿 at 20:38| 買い物お得情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月06日

ジャムなどのカビを防ぐコツ

 ジャムなどの瓶詰めはなかなか使い切ることができないものです。

 冷蔵庫に入れておいて少しずつ使っていて、ある日開けてみると中がカビていたりするとガッカリさせられます。


 この簡単なカビを防ぐコツをお話しましょう。





 それは「できるだけ冷蔵庫に入れない」ということです。

 意外かも知れませんが、冷蔵庫に入れることでカビさせてしまっているケースは多いのです。



 腐るからと考えたり、痛まないように冷蔵庫にジャムや味噌を入れておくことがありますが、逆にそれがカビの元だったりします。


 冷蔵庫に入れておくとジャムは日持ちしてくれるように思えますが、使うときに冷蔵庫から外に出すと温度差で瓶の内部が結露します。


 それがカビの元です。

 よいものはもともとカビにくいのです。




 もちろん、冷蔵庫に入れておかないと痛むというものもあります。

 つまりはその結露さえ防げばだいたい大丈夫ということになります。



 本来ならジャムは砂糖に漬かっているので冷蔵保存の必要はありませんが、モノが生っぽかったりするとやはり心配です。


 それでつい冷蔵庫に入れておきたくなりますが、冷蔵庫から出せば結露する可能性があることを頭に入れておきましょう。





 ですから例えば、冷蔵庫から出したら必要量を小皿にとって、すぐに瓶は冷蔵庫に仕舞ってしまうというのは対策のひとつです。


 瓶内部の結露は温度差によって起きますから、できるだけ温度差で結露しないよう長時間冷蔵庫の外に出さなければよいというわけです。



 あるいは、ピーナツペーストとか、あまり冷蔵の必要がないものは冷蔵庫に入れないことです。

 これから暖かくなり、ますます結露しやすくなってゆきます。



 ジャムなどの瓶詰めは直射日光を避け穏やかに冷暗所に保存が原則です。


 この時、「結露してカビる」という現象を意識して使いたいものです。


posted by 買い猿 at 00:42| 買い物お得情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月02日

ブルートゥースのスピーカーのノイズを解決



 リサイクルショップでブルートゥースのスピーカーを買いました。

 ブルートゥースのスピーカーですからコードがありません。前から欲しかった。

 コードレスなので快適です。
 色んな場所に置いて音響効果を工夫することが出来ますし、パソコンから離れたところで音楽が聞けます。

 スピーカーというのは空気を揺らしますので、密閉したイヤホンとはやはり違った音質というのがあります。




 しかし、そのブルートゥースのスピーカーがどうにも調子が悪かったのです。奇妙なノイズが入ります。
 そのうち、ガリガリと不規則に妙な具合に大きなノイズが入るようになりました。

 とてもじゃないけどこれでは音楽など聴けません。
 そんなレベルのノイズでした。

 すぐに壊れてしまった感じ。安かったのはこれが理由だったのか、なかなか最近は油断ができません(笑)。

 なんとかならないか考えました。


HoldOn




 色々と音源を変えたり電源を変えてみましたがダメです。
 パソコンも変えてみたけれどダメ。

 ブルートゥースのドングルという、発信用のデバイスも変えてみました。
 発信用と受信するスピーカーとでペアになるものですが、相性かと思ったのです。

 それでもダメでした。
 どこからのノイズかが分かりません。  


 ブルートゥースは無線の一種なので、飛んでいる時に何か雑音が入っているかも知れないと思いました。電子レンジなどもWifiなどに悪影響があると言われます。

 確認するため、外部入力にジャックを指してみました。

 普通はブルートゥースで音がパソコンからスピーカーに飛んでくるのですが、外部入力にジャックを指せば直接スピーカーと再生プレーヤーがつながります。ブルートゥースとは関係がなくなります。

 すると、スピーカーのノイズがピタリと止まったのでした。

 煩かったノイズが消え、音がキレイなものになりました。
 ノイズの原因はこれだったのでした。

 この外部入力のジャックだったのでした。



 外部入力のジャックが内部で敏感になっていて、揺れていたか何か、接触やらなにやらしていたのです。

 そこにイヤホンを差し込めばコネクタの中はジャックで埋まり、中で動きません。

 接点が揺れたりすることはありません。






 いらないイヤホンのコードを切って、今は先のコネクタを外部入力端子に差し込んでいます。

 スピーカーは元気になりました。
 とても快調です。


 「そんな場合もある」ということに過ぎませんが、やたらとどこからかノイズを拾ってしまうような場合、入力端子を疑うというのもひとつの手かも知れません。



 物欲のヒントです。









posted by 買い猿 at 01:35| 買い物お得情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする