2021年02月03日

水道の節約のつもりで元栓を絞るのは間違い


 本来なら当たり前の知識なのですが、割とあまり知られていないことです。


 特に水資源の節約などのことを考えているような、「意識の高い人」にはありがちな間違いかも知れません。

 私自身がトラブルに遇った経験から、共有できるお話をしたいと思います。





 水道代を節約しようとして、メーターのある家の外の元栓、「止水栓」のコックを回して、半分ぐらいにして使っている人がいます。

 間違いなくそういう発想をする方はいらっしゃると思います。


 水道の蛇口をいくら回しても、沢山水が出ないようにすればいいと、家の水道の元栓を半分ぐらい締めてしまう人がいます。
valb.gif



やったらダメです。
 ダメ、ゼッタイww。

止水栓バルブが壊れます。



1. まず、水の節約にはなりません。家の中の使う蛇口で調節するものですから意味はありません。

2. もしバルブが壊れた場合、自己負担しなければならない場合があります。

3. また、その工事が困難な場合があり、ヘタをすると多額の費用がかかる場合があります。



 壊れてしまうのはなぜかと言うと、半分しか絞めてない水道の元栓は水道の流れにネジの頭が晒され、磨耗して壊れてしまうからです。

 常にネジが水流に露出していることになるわけです。


water.jpg



 「金属なんてそうは壊れないだろう」と、そう思われるかも知れませんが、これが意外と早く磨耗します。
3.jpg

 私の経験ですが、壊れるまでの時間は、その目安は四人家族で3年ぐらいです。


 半分に絞めておくと、バルブが壊れるまでたった3年です(汗)。  



 なにしろ元栓です。

 トイレや風呂、キッチン、庭、ガレージと、家全体で10の蛇口があるとしたらどうでしょう。

 全ての水道の供給の元ですから、10倍の水流と水圧がかかり磨耗してゆくことになります。


 前回の記事でお話をしましたが、スピンドルが磨耗して水漏れする、その寿命が30年後だとすれば、10分の1ですから「3年で壊れる」という計算は成り立ちます。




 金属であっても上の図のようにしていとも簡単に割れてしまいます。

 ネジの先端が水流で折れ、水道管の中で吹き飛びます。


 そして止水が完全にできなくなり、バルブの周囲から水漏れが始まります。

 元栓とメーターを格納している家の外の水道メーターのボックスから水が溢れます。

 こうなると水道局に修理を依頼しなければなりません。


生活110番


 しかも、これがメーターよりも向こう側だったら実は本当にラッキーなのです。この場合は無償です。

 水道局の責任として無料で直してくれます。


 しかしもし、こちら側の家側の水道管の漏れになったら自費です。それがルールです。


 メーターよりも家屋側が破損した場合、それはコチラの家庭側の責任ということになって修理交換工事は有償となります。


 これには多額の費用がかかります。

 私が聞いた時には10万ぐらいは覚悟が必要だということでした。(※ 地域によって大きく違うようです。)





 例えば、この交換工事が困難な場合というのがあります。


 家屋には道から水道管が通っています。

 家の元栓が壊れてしまった場合、そこまで通っている水道をまず止めないと交換が出来ません。


 実はこれを止められる道側の元栓というのがあるのですが、長い時間が経って道路の舗装などで埋められてしまっていたり、塀ができてその下になってしまっていたり、コンクリートで固められてしまっているケースが多いのです。

 そうすると、水を止めないと交換できませんので、困ったことになります。


 この工事をするには、液体窒素などで水道管を瞬間的に凍らせてから行うことになります。

 水道管をカチンカチンに凍らせて水の流れを詰まらせ、それからバルブを交換することになります。


 この話だけでも費用がかさむことは十分に想像できると思います。





 常に水道の元栓は全開にしておいてください。


 水の量を調整するのは家屋の中のそれぞれの蛇口でやることなのです。


 水の節約には元栓を絞めるのではなく、使うときに蛇口を開けすぎないようにすることです。


 日頃の心がけで、水道を出しっぱなしにしないようにすることです。

 歯磨きをする時、食器洗いをする時、水を出しっぱなしにしている人は多いです。





posted by 買い猿 at 16:12| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月24日

水道の漏れが止まらない、でも特殊な場合もある


 あまり起きて欲しくないトラブルに限って、問題が起きたりします。



 この寒い時の家庭での水道トラブルもそのひとつでしょう。




 水道の漏れの原因はいろいろです。


 パツキンの劣化とかコマの劣化なんかがよくあります。「節水コマ」とよく呼ばれるものは「ケレップ」というものですが、これもよく磨耗して水漏れの原因になります。



 新築の家や築年数の浅い家ならともかく、古い家やマンションではどうしても部品の交換が必要になります。

 大きなトラブルでなけば自分で交換してしまいたいものです。




 この水漏れの原因ですが、意外なところで「スピンドル」というのが痛んでいる場合があります。


 金属が磨耗して寿命になっただけなのですが、これが意外と気が付きません。






 スピンドルの耐用年数は十数年、ヘタをすればもっとあります。


 一般家庭で使ってるわけですから、どんなに酷使しても消耗するには長い年月がかかかります。



 だからどうしても見落としがちです。

 水のチカラで金属製のスピンドルが磨耗していたなんて、なかなか気がつきません。





 節水コマ(ケレップ)も代えた、パッキンも新しくした。 それでも水を出すと蛇口のひねるところから水がポタポタと漏れています。


 締め付けが緩んでいるわけでもなく、強く締め付けてみても、蛇口を開くと、水がハンドル廻りのところからダラダラと漏れます。



 理由がどうしても分からず、それで困って水道屋さんに頼めば、高くついてしまいます。


 個人でできることなら、できるだけ自分でやってしまいたいものです。



 金属のネジ、水道の水流を締めるネジは「スピンドル」と言って、水流を調節するための部品です。

 それが長年の使用で磨耗してしまっていることがあります。



 一番最初にスピンドルの劣化が起きるのはやはり台所でしょうか。


 台所が家庭では一番水道をよく使う場所です。  水道を閉じたり開けたり、毎日酷使されています。




 スピンドルは500円ぐらいで売られています。




 外の水道の元栓を締めてから交換すれば交換は簡単です。


 強く締め付けるとか特殊な工具は必要ありません。誰でもできる作業です。 


 スパナひとつで交換でき、水漏れはピタリと止まります。



 どうしても水漏れの原因が分からない時は、このスピンドルの劣化を疑ってみるといいかも知れません。


 水道の元栓を止めてから、スピンドルを確認してみるといいでしょう。

 見れば金属が磨り減っているかどうかは感じで分かると思います。


 他の漏れてない蛇口のスピンドルと較べてもいいかも知れません。



 プロに頼むのはそれからでも遅くないと思います。




      





posted by 買い猿 at 01:37| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月06日

ご飯を鍋で炊く、鍋炊飯の勧め

鍋炊飯、ダッチオーブンの勧め



目次




 【お米をちゃんと炊こうよ】

 「炊飯」という言葉は、 「お米を炊く」という意味の言葉です。

 「炊飯」というのは、ただお米を茹でるわけでも、蒸すというだけでもありません。
 「乾燥させたものを戻す」というものとも違います。
 お米を茹でて、ふかし、蒸し、蒸らすという、一連のことを総合的にする調理のこと、我が国の独特のお米の調理の方法です。

 意外と特殊な調理方法に入るかも知れません。
 中国でもインドネシアでも、お米はふかしたり蒸らすことの方が多いです。




 私は昔から、炊飯器の全自動の電気ジャーというもの、あの安直さが妙に嫌いでした。


 もともと、独身時代は何でも独りでできて当たり前と思っていました。
 だから色んなことに挑戦した。
 私の女子力は高かったww。

 しかし独身アパートの貧相なコンロなのに、わざわざ電子ジャーを持ちたくないというのはどうしても譲れませんでした。
 それからそのまま、電気釜をずっと忌み嫌い続け、長い間、万能のホーローの鍋で炊いていたのでした。

UNILLOY

 もともとあまり米は食べなかったのですが、それでも米はうまく炊けていた方でしょう。
 炊き立てのご飯に納豆と冷奴、親子丼やレトルトのカレー、それなりに美味しく食べていました。

 貧乏独身暮らしといえども、刺身なんかが手に入ればやはり美味しい炊き立てのご飯が欲しくなりますw。
 そうやって楽しくご飯を鍋で炊いたものです。


 上手く炊けるようになると、自分でご飯を炊くというのが自然と面白くなります。
 そうして私はだんだんと炊飯が好きになり、料理をするようになっていったのでした。

 炊飯というのは火を使います。
 独り身の若い頃、狭いアパートのしつらえのコンロでご飯が炊けるのを見ていると、その感覚はまるでキャンプや焚き火のようなものでした。

 人間は古代からとても火と仲良くしてきたのだ、そんな風にも思えます。


 もちろん、炊飯で失敗したこともたくさんありました。
 コゲつきやコビリつき、水を多くしてお粥みたいな状態になったり。

 そんな失敗もまた楽しく、「ご飯を自分で炊く」というのはとても有意義なことになっていったのです。


料理をもっと美味しくするドイツ製フライパン ruhru

【こだわる。安易な便利さを避ける】

 そうして長年、鍋で米を炊いていると、微妙な炊き上がりの時のムラとかオコゲとか、炊き上がりの違いにも敏感になってゆきました。
 炊飯の奥深さも分かるようになってゆきます。

 炊飯を工夫し、水加減や火加減を追求するようになってゆきました。
 一度火を止めてみたり、水を追加してみたり。

 おこげや、いわゆるご飯を炊くとできる「カニの穴」など、様々な自分なりのこだわりが出来ました。

続きを読む
posted by 買い猿 at 21:00| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする