2021年01月24日

水道の漏れが止まらない、でも特殊な場合もある


 あまり起きて欲しくないトラブルに限って、問題が起きたりします。



 この寒い時の家庭での水道トラブルもそのひとつでしょう。




 水道の漏れの原因はいろいろです。


 パツキンの劣化とかコマの劣化なんかがよくあります。「節水コマ」とよく呼ばれるものは「ケレップ」というものですが、これもよく磨耗して水漏れの原因になります。



 新築の家や築年数の浅い家ならともかく、古い家やマンションではどうしても部品の交換が必要になります。

 大きなトラブルでなけば自分で交換してしまいたいものです。




 この水漏れの原因ですが、意外なところで「スピンドル」というのが痛んでいる場合があります。


 金属が磨耗して寿命になっただけなのですが、これが意外と気が付きません。






 スピンドルの耐用年数は十数年、ヘタをすればもっとあります。


 一般家庭で使ってるわけですから、どんなに酷使しても消耗するには長い年月がかかかります。



 だからどうしても見落としがちです。

 水のチカラで金属製のスピンドルが磨耗していたなんて、なかなか気がつきません。





 節水コマ(ケレップ)も代えた、パッキンも新しくした。 それでも水を出すと蛇口のひねるところから水がポタポタと漏れています。


 締め付けが緩んでいるわけでもなく、強く締め付けてみても、蛇口を開くと、水がハンドル廻りのところからダラダラと漏れます。



 理由がどうしても分からず、それで困って水道屋さんに頼めば、高くついてしまいます。


 個人でできることなら、できるだけ自分でやってしまいたいものです。



 金属のネジ、水道の水流を締めるネジは「スピンドル」と言って、水流を調節するための部品です。

 それが長年の使用で磨耗してしまっていることがあります。



 一番最初にスピンドルの劣化が起きるのはやはり台所でしょうか。


 台所が家庭では一番水道をよく使う場所です。  水道を閉じたり開けたり、毎日酷使されています。




 スピンドルは500円ぐらいで売られています。




 外の水道の元栓を締めてから交換すれば交換は簡単です。


 強く締め付けるとか特殊な工具は必要ありません。誰でもできる作業です。 


 スパナひとつで交換でき、水漏れはピタリと止まります。



 どうしても水漏れの原因が分からない時は、このスピンドルの劣化を疑ってみるといいかも知れません。


 水道の元栓を止めてから、スピンドルを確認してみるといいでしょう。

 見れば金属が磨り減っているかどうかは感じで分かると思います。


 他の漏れてない蛇口のスピンドルと較べてもいいかも知れません。



 プロに頼むのはそれからでも遅くないと思います。




      





posted by 買い猿 at 01:37| 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月02日

ブルートゥースのスピーカーのノイズを解決



 リサイクルショップでブルートゥースのスピーカーを買いました。

 ブルートゥースのスピーカーですからコードがありません。前から欲しかった。

 コードレスなので快適です。
 色んな場所に置いて音響効果を工夫することが出来ますし、パソコンから離れたところで音楽が聞けます。

 スピーカーというのは空気を揺らしますので、密閉したイヤホンとはやはり違った音質というのがあります。




 しかし、そのブルートゥースのスピーカーがどうにも調子が悪かったのです。奇妙なノイズが入ります。
 そのうち、ガリガリと不規則に妙な具合に大きなノイズが入るようになりました。

 とてもじゃないけどこれでは音楽など聴けません。
 そんなレベルのノイズでした。

 すぐに壊れてしまった感じ。安かったのはこれが理由だったのか、なかなか最近は油断ができません(笑)。

 なんとかならないか考えました。


HoldOn




 色々と音源を変えたり電源を変えてみましたがダメです。
 パソコンも変えてみたけれどダメ。

 ブルートゥースのドングルという、発信用のデバイスも変えてみました。
 発信用と受信するスピーカーとでペアになるものですが、相性かと思ったのです。

 それでもダメでした。
 どこからのノイズかが分かりません。  


 ブルートゥースは無線の一種なので、飛んでいる時に何か雑音が入っているかも知れないと思いました。電子レンジなどもWifiなどに悪影響があると言われます。

 確認するため、外部入力にジャックを指してみました。

 普通はブルートゥースで音がパソコンからスピーカーに飛んでくるのですが、外部入力にジャックを指せば直接スピーカーと再生プレーヤーがつながります。ブルートゥースとは関係がなくなります。

 すると、スピーカーのノイズがピタリと止まったのでした。

 煩かったノイズが消え、音がキレイなものになりました。
 ノイズの原因はこれだったのでした。

 この外部入力のジャックだったのでした。



 外部入力のジャックが内部で敏感になっていて、揺れていたか何か、接触やらなにやらしていたのです。

 そこにイヤホンを差し込めばコネクタの中はジャックで埋まり、中で動きません。

 接点が揺れたりすることはありません。






 いらないイヤホンのコードを切って、今は先のコネクタを外部入力端子に差し込んでいます。

 スピーカーは元気になりました。
 とても快調です。


 「そんな場合もある」ということに過ぎませんが、やたらとどこからかノイズを拾ってしまうような場合、入力端子を疑うというのもひとつの手かも知れません。



 物欲のヒントです。









posted by 買い猿 at 01:35| 買い物お得情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月09日

墓参り、ネットで名刺を作ろう!

 今の時代、名刺はネットで簡単に作れます。

 私の周りにご存じない方が多かったので書いてみます。


 いくらネットで注文できるとしても、決まりきったデザインでしか注文できないとか、そんな制限はないのでしょうか。

 今はほとんどそのような制限はありません。

 料金はカラーか白黒か、紙の質はどうか、仕上がりまでの時間はどうか、そのぐらいです。


 今はネットのおかげで印刷関係は驚くほど安くなっています。

 ゴルフコンペなどでゴルフボールに名前を入れるなんてことだって、昔はとても高いものでした。




 名刺、それこそのぼりですら、ネットでつくることができます。
 オンディマンドです。

 出来上がりを見ながら、Webの上でパーツを動かし、文字を入力し、フォントを指定し、ああだこうだとイジくり回して、デザインを自分ですることだってできます。

 そしてそのまま発注すれば名刺が届くのです。





 「名刺」と言っても、昔なら商用、ビジネス用に使われるというのが普通の名刺の感覚でした。

 今はブログをやっているからとそのアドレスを入れた名刺をくれたり、ちょっとした交流会などでプライベートな気軽な名刺をくれたりする人がいます。


 むしろ、名刺というのは昔より活用され、これまでになかった使われ方が広がっている気がします。

 昔と違って、印刷コストが格段に安くなったことがその理由でしょう。

 かつては街の印刷屋さんに頼んで活字を組み、印刷結果を確認したりして、色んな手順が必要でした。

 すべてがアナログで、こちらの持ち込んだロゴやイラストは写真コピーして印刷に乗せたものです。

 インクの乗りということまで気にして、画像を選んだりしました。


 今の時代、ほとんどこういうことは気にしなくてよくなりました。

 データをこちらで作っておけば印刷のコストを驚くほど下げることができます。




 一枚あたりの値段が安くなれば、プライベートどころか、匿名の名刺もアリです。

 そんなのだってあっていいかも知れません。


 ご自分が運営している匿名のブログを名刺にして、あちこちに置いてもらうなんて面白いかも知れません。

 ちょっと昔、バブルの頃の学生は、気が効いた人はみな名刺を持っていて、コンパ用、サークル用、学生の発表用と、何種類も使い分けていた人すらいました。

 人と人が触れ合えば、何か残るものを渡すと覚えておいてくれるものです。





 名刺なんて堅苦しく考えるから難しい。

 本のシオリのようなものを自分用に作る、そんな風に考えるだけでも、けっこう使い方は広がるかも知れません。


 家族のあいだでも、メモ代わりに名刺を作ってそこに用件を書いておいてあげる。

 留守にするからと温めればいいように料理を作ったら、そこに名刺を添えてあげれば子供だって寂しくはありません。

 子供の頃には親の名前が書けない子というのもいたものです。名刺などでそんな習慣を子供につけさせることもできます。


 お稽古の発表をすれば、作品の前には名前を書いて置いたりします。

 絵、活け花、ハンドクラフト、書道、俳句、ソーシャルな発表の場は意外と多いものです。

 名刺があればキレイなフォントで印刷されたものをさっと出して自分の名前を残すことが出来ます。





 お彼岸など、お墓参りをして、そこにさりげなく名刺を置いていく。

 お勧めする名刺の一番の活用法は「お墓参り」に使うこと。


 先祖にちょっとご挨拶をしてみようと、遊びがてらでかけることがあります。

 コロナの外出自粛で人混みは避けたいところですかが、お墓などはいつも空いていて気持ちの良い静かな空間です。

 でも、お墓というのは誰が来ていたか分からないことがほとんどです。

 そこに名刺をちょっと置いておいてあげればどうでしょうか。

 次に来た人に伝わる気持ちがあります。疎遠がちな親戚との連絡もしやすくなるかも知れません。


 名刺が置いてあれば、親戚が後でやってくれば誰が来たかわかります。

 よくお墓では名刺受けのような箱を用意しているところがあります。

 誰が来たのかをさりげなく知らせる、そんな名刺の使い方は有意義な活用法ですが、何にもビジネスだけでもありません。

 お墓参りの「おしるし」に置いていくというのはいいと思います。


いいお墓 バナー


 さて、その名刺ですが、オンラインで全てやってしまうことも出来ます。

 デザインをオンラインですることもできます。

 値段も格安です。

 送料がかからないところさえあります。


 キャンペーンなんかもしているところがありますから、調べれば百枚を百円前後、送料込みなんていうところもあります。

 普通の印刷やさんで名刺を頼むと、昔は百枚で二千円ぐらいはかかったでしょうか。




 フォントを決め、枠を作ったり、ちょっとしたイラストを載せることもできます。

 そんなイラストにしても、昔は名刺に載せようとするとひと苦労でした。

 似顔絵やちょっとした柔らかめのイラストを載せるだけで、昔の印刷屋さんならとても高いものになりました。

 だからビジネスの名刺にそんなくだけたイラストがあると、とても熱心な印象を受けたものです。


 イラストは「写植」と言って、一度コピーして印刷に乗るようにしなければならなかったからです。

 可愛らしいイラストを載せようとしたら苦労したものです。






 今はネットからそのまま画像を落とすことが出来ます。

 外から写真やイラストのファイルを読み込むこともできます。



 名前や店の名前とか、ニックネームでもいいですが、まずは文字を入力してフォントのサイズを指定します。

 フォントも指定ができ、基本的にはウィンドウズで使っているフォントならたいてい使えます。

 裏面をデザインすることもできます。



 注意すべきことがあるとしたら、名刺には印刷のノリシロがあるということです。

 名刺のあまりギリギリに名前を配置すると文字がキレてしまったりします。


 つながった帯やラインは切れません。はみ出すようにデザインするのがコツです。


 だから帯やラインを名刺に使うのは無駄がありません。名刺にシャープな印象を与えます。

 もちろんタテ書きの名刺にすることもちゃんとできます。


 発注すれば後は届くのを待つだけです。

 遅くても二週間ぐらいでしょうか。

 早ければ即日の配達指定でできてしまうところもあります。



 どうぞお試しアレ。


posted by 買い猿 at 04:24| 買い物お得情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする